講座一覧

めぐみ講演会 ※要予約

感性を科学する-心理学・脳科学・アートを融合した価値創造- の報告を掲載しました。

講演報告「感性を科学する-心理学・脳科学・アートを融合した価値創造-」

2017めぐみ講演会(一般公開)講演報告

「感性を科学する-心理学・脳科学・アートを融合した価値創造-」

2017年7月13日(木)13:30~15:00

講師 関西学院大学理工学部教授  長田 典子 氏 

 色彩情報処理,感性情報処理の計測システムへの応用に関する研究に従事されている長田典子氏に、人の感性を脳科学、工学、芸術等さまざまな角度から捉えて新たな社会的価値(感性価値)を創出する取り組みについて教えていただきました。CGシミュレーションと感性情報学を用いて、人間にとって好ましい製品が生まれたり、色によって時間感覚や映像、更に味覚まで違いが生じること、また視覚と聴覚の相互作用について学びました。特筆すべきは、字を見て色を感じる共感覚の持ち主が、聴講者のなかに居たことでした。ちなみに、長田先生も共感覚を持っていらっしゃるそうです。自分のまわりの製品や現象について新たな視点を持てる興味深いお話に、楽しいひとときを過ごすことができました。

 

 

 

ファンタジーのひと時
岡田将・ザビエル ラックによるジョイントコンサート

神戸女学院大学音楽学部准教授(ピアノ) 岡田 将 氏
神戸女学院大学音楽学部専任講師(フルート) ザビエル ラック 氏  

日時:10月14日(土)13:30~15:00
場所:神戸女学院講堂

受講料:1,500円 学生1,000円

アートセミナー ※要予約

地中海岸の世界遺産都市を訪ねる(全2回)の報告を掲載しました。

地中海岸の世界遺産都市を訪ねる(全2回)報告書

今年度も、大阪大学文学研究科教授、神戸女学院大学文学部非常勤講師の岡田裕成先生にお越しいただきました。「地中海の世界遺産都市を訪ねる」と題して2回にわたりご講演いただきました。

第1回『教会歩きで探るバルセロナ』 中世カタルーニャ地方のロマネスク建築、アーチ天井を持つ石造の聖堂に施された壁画は、光の制約の中で色鮮やかに大きく大胆なモチーフを描き素朴な人々の信仰を表現しています。その後、ゴシック建築の柱と梁で支え垂直性のある技術により都市型大聖堂が普及し、後のガウディ建築の基礎ともなっているそうです。

第2回『南仏の中世都市アヴィニョンの歴史と美術』 中世末、宗教の中心都市であると同時にルネサンス前夜の文化が準備される都市アヴィニョン、その中心となる教皇庁の壁画にはこれまで描かれなかった自然が細やかに描写されています。また、再現描写と装飾的優美の融合し中世絵画にルネッサンス絵画の要素を取り入れたアンゲラン・カルトンなど、アヴィニョンを魅力たっぷりにお話しくださいました。

時代と空間を飛び越え、2つの世界遺産都市を満喫させていただきました。

古典倶楽部 ~テーマに沿って高校の教科書を読み直す~(全3回)

各回13:00~14:30
神戸女学院中高部非常勤講師
  錦田 靖子 氏

日時 テーマ
第1回
9月29日(金)
第2回
10月27日(金)
秋の生き物
第3回
11月24日(金) 
紅葉

キリスト教セミナー ※要予約

古代ユダヤの社会と知恵の伝統 (全3回)

各回10:30~12:00
講師 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授・チャプレン  飯  謙 氏

第1回
2018年2月6日
(火)
「箴言」に見る知恵
第2回
2018年2月20日
(火) 
「箴言」の書の神学
第3回
2018年3月6日
(火)
「箴言」の女性観

外国語教室・音楽教室