2021キリスト教セミナー案内

キリスト教セミナー 録画配信について

今年度のキリスト教セミナーは、オミクロン株拡大のため、
録画配信のみに変更となりました。

テーマ: 「死を考える、いのちを考える」 全二回

第一回 「聖書の民の捉えた死とその彼方」

講師:神戸女学院 院長 飯 謙 氏

 録画配信: 2月1日(火)~2月14日(月)※締め切り2月10日(木)

死後、どのようになるかについては、もちろん誰にも分かりません。
しかし、聖書のテクストから、人々が死をどのように考え、その解釈がどのように変化したかを読み取ることができます。それらを多民族の理解にも目を向けながら整理し、聖書の民が、また私たちが、この世や人間、世界、神をどのように受け止めていけるのか、考えたく思います。 (飯院長より)

第二回 「現代人の死生観と儀礼」

講師:神戸女学院大学 学長 中野 敬一 氏

 録画配信: 2月22日(火)~3月7日(月)※締め切り3月4日(金)

日本では古代の人々から受け継いできた他界思想(「あの世」観)や仏教思想に基づいた死生観が広く浸透してきました。しかし、今日ではその死生観に変化が見られ、特に葬送儀礼に対する考え方も多様となっています。
この講座では、現代人の死生観を概観しながら、キリスト教の死生観と葬送儀礼の特徴や意義を学ぶ機会にしたいと考えています。 (中野学長より)

受講料: 各回 1000円

お申込み: koza@megumikai.or.jp (〒,住所,氏名,電話,受講人数、第〇回を記入)

もしくは、電話0798-51-3545

死を考える、いのちを考える 
(全2回)

第1回 
学校法人神戸女学院 院長
飯 謙氏

 

第2回 
神戸女学院大学学長・チャプレン
文学部総合文化学科教授
中野 敬一氏

第1回 
2022年2月1日(火)
~2月14日(月)

聖書の民の捉えた死とその彼方

受講料
各回 1,000円
学生無料

第2回
2022年2月22日(火)​
~3月7日(月)

現代人の死生観と儀礼