会長メッセージ

 

94大M98  永井 敬子

めぐみ会会員の皆さまには、日頃より神戸女学院めぐみ会にご理解とご協力をいただき、深く感謝申し上げます。引き続き今年度も会長を務めさせていただくことになりました永井敬子でございます。
 めぐみ会は、キリスト教精神をよりどころとしています。会長拝命にあたり、私は特に、神戸女学院のモットーである『愛神愛隣』の精神を大切にしていきたいと考えこの2年間様々なことに向き合ってまいりました。めぐみ会が『愛神愛隣』の精神を大切にすることは、母校をお支えし、卒業生同士の交わりを深めるにとどまらず、広く公益に寄与することになると私は信じております。残る1年の任期もしっかり進んでまいる覚悟です。

 めぐみ会では、今年度も以下の事業を運営してまいります。
 ◆公益目的事業
 (1)学校法人神戸女学院の教育・研究を振興し、私立学校による女子教育のより一層の充
    実を図り、有能な人材を世に送り出すことをもって社会に貢献する事業
 (2)信仰を育成し、知性を深めるための講演会・研究会・教室の開催により生涯教育の場
    を広く一般に提供し、豊かな人間性を涵養する事業
 (3)神戸女学院在学中の受入れ留学生を含む在学生及び卒業生に対する奨学金の授与に
    より、学術、文化及び教育の振興・普及、国際相互理解の促進を通じて社会に貢献
    する事業
 ◆収益事業
  結婚支援事業
 ◆共益事業
  会員の友誼を深めるための行事の開催、広報誌『めぐみ』の発行及び記念品事業

 これらの事業内容にのっとり今年度もさまざまな活動を本部・支部で行なってまいります。

2020年初めからの新型コロナウイルス感染拡大を受けて、めぐみ会でも昨年度は様々な事業の開催を断念いたしました。残念でしたし、楽しみになさっていた皆さまには申し訳なく思っております。

愛校バザーは、2021年度は10月23日(土)に開催予定です。状況によって規模の縮小、中止ということもあるかもしれません。5月の学院の会議で決定されますが、今年こそは、バザー開催が出来ますように!と願うばかりです。

また、バザーと同日10月23日開催予定の大講演会では、人間国宝 吉田和生氏をお招きして「文楽人形よもやま話」と題しお話をうかがう予定でございます。氏のお人柄溢れる楽しい時間となることと思います。そのほか、めぐみ公開講座、各支部での講演会・音楽会などはすべて一般公開で開催しております。どうぞ地域の方々もご一緒にご参加下さいませ。Web配信にも少しずつ取り組んでまいります。岡田山から遠く離れた地域にお住いの皆さまにもWebでのご参加が可能なめぐみ公開講座もありますので、ホームページ、フェイスブック、めぐみ110号などでご確認ください。
 ホームページでは、それぞれのご案内も含め、より一層内容を充実してまいります。どうぞご期待ください。また、やむを得ない開催変更・中止などのお知らせもホームページや、フェイスブックでお知らせしてまいりますのでご覧になって下さい。 

 本年度も、公益社団法人として、理事・監事・職員一同ますます努力し、使命を果たしていく所存でございます。めぐみ会会員の皆さまのご支援とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

                                2021年4月1日