講話会・合同追悼会

2018年度講話会・合同追悼会ご報告

11月8日(木) 会場:めぐみ会館

合同追悼会 10:30~12:40

11月8日、めぐみ会館にて合同追悼会が行われました。
ご遺族87名を含む212名のご列席をいただき、旧教職員5名(城崎 進先生、山内 祥史先生、瀧野 匡悦先生、土肥 みゆき先生、Ernst Seiler先生)と会員152名を偲びました。


講話会 13:50~14:50

「永遠を思う心」
講師:安積 力也 氏(前基督教独立学園高校校長)

豊かに見える現代社会の中にあって、実は、得体の知れない不安や孤独に怯え、自分の限界に絶望してしまう若者が多くいます。その原因は往々にして大人にあります。私たち大人が自分自身の心の闇を見つめ、彼らの声を聞き、信じ、待つことにより、彼らはその限界を超えた先に絶望ではなくフロンティアを見出すことができるようになるのです。子供と真摯に向かい合うことの重さを改めて考える機会を与えていただきました。