キリスト教セミナー

記事一覧

キリスト教セミナー オンラインで開催します。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、オンラインで開催いたします。
お申込みはメールで!

「イエスの奇跡伝承を考える」 
① 第1回 オンデマンド配信に変更します 講師:飯 謙氏
「奇跡伝承 ― どのように読まれてきたか」
② 第2回オンデマンド配信配信に変更します 講師:入 順子氏
「五つのパンと二匹の魚 ― 多様な読み」
 受講料各回1000円(学生無料)

119日(火)オンライン配信『キリスト教セミナー第1回』は通信障害発生のため同時配信出来ませんでした。楽しみにしてくださった皆さまには、深くお詫び申し上げます。

講義は録画いたしましたので、オンデマンド配信の準備を進めております。 

 

これに伴い、29日に予定しておりました第2回セミナーのライブ配信も、録画したもののオンデマンド配信に変更させていただきます。

 

1回、第2回セミナーの配信日程につきましては、準備が整い次第お申込みくださった方にはメールで、またホームページ、Facebook上でもお知らせいたします

ご不便をおかけいたします。皆様のご理解に感謝申し上げます。

お申し込みはすべてメールで承っております。名は「キリ教セミナー申込み」とし、ご希望の回(①、②)と住所・氏名・電話番号をお知らせください。
 お申込みメールアドレス:kc-megumi@megumikai.or.jp


 ご不明な点はめぐみ会までお問合せください。多くの方々のお申込みをお待ちしております

2019年度キリスト教セミナー報告
「ヨブ記との対話」飯謙院長

「ヨブ記との対話」

講師 学校法人神戸女学院 院長 飯 謙 氏

旧約聖書の「ヨブ記」は、古代ユダヤ人ならだれでも知っている信仰偉人伝「ヨブの物語」と、執筆者によって挿入された「対話篇」で構成されています。この「対話篇」の挿入によって、「ヨブの物語」の背景にある、初期ユダヤ教を支えた応報の教義(神が良い者には恵み、悪い者には災いを下すという図式)の持つ問題点が浮き彫りになっています。

第1回「問題の発端」では、原文のヘブライ語に照らしながら、ヨブの人物像や、1回目の災いに遭った時と2回目とでは、その信仰の応答が微妙に変化していることなど、お話し下さいました。

第2回「友との論争」では、神の義と応報思想の正当性を説き、ヨブに悔い改めを迫る友人たちと、それに反論して自身の義を主張し、不条理の現実を訴え、神の正当性を問うヨブとの議論について、整理しながらお話し下さいました。

第3回「主の創造した世界」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のためやむなく中止。それまで沈黙しておられた神ご自身がいよいよ語られるというところでしたのに残念です。

        

お問い合わせ・お申し込みはめぐみ会事務局まで
9:00~16:30 土・日・祝休み

〒662-8505 西宮市岡田山4番1号
電話(0798)51-3545
FAX(0798)51-3602

メール 
※ 件名を「キリスト教セミナー申込み」として、
郵便番号・住所・氏名・電話番号・講座名・人数をご記入ください