めぐみ講演会

記事一覧

2022年度めぐみ公開講座開催について

2022めぐみ公開講座は、新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払い、開催の準備を進めております。ご受講の皆さまにおかれましても感染防止対策にご理解とご協力をいただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(👉めぐみ公開講座衛生管理方針
尚、メールでお申込みの際はパソコンからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
今年度Web配信はありません。 

7月講演会

7月には関西学院大学教授、大和三重氏をお招きします。大和氏は神戸女学院中高部、大学の卒業生で、高齢者福祉の専門家でいらっしゃいます。人生100年時代、女性を取り巻く様々な課題や長い老齢期の過ごし方を考える良い機会になることでしょう。どうぞお早めにお申込みください。皆さまのお越しをお待ちしております。

人生100年時代を迎えて~高齢期のQOLQuality of Life)を考える~ 
  講師:関西学院大学人間福祉学部 人間福祉研究科教授 
     92大S96 大和三重氏
  開催日時:2022年7月26日(火)13:30~15:00
  場所:神戸女学院めぐみ会館
  受講料: 1,000円(学生無料) 当日お支払いください。
✿お問い合わせ・お申し込みはめぐみ会事務局まで こちら

※拡大するには画像をクリックしてください。

9月講演会

秋には、指揮者で兵庫県立芸術文化センター芸術監督の佐渡裕氏による講演会を予定しております。様々な状況の中でも音楽ができること、日常の中で人と人とのつながりを保ちながら進んでいくことについて、佐渡氏の魅力あふれる楽しいお話にご期待ください。ウィーンでの活動等のスライドも予定しています。事前に必ずチケットをお求めの上ご来場ください。皆さまのお申込みを心よりお待ちしています。

今、音楽にできること 
  講師:指揮者、兵庫県立芸術文化センター芸術監督  
     佐渡裕氏
  開催日時:9月17日(土)12:00 ~13:20 
  場所:神戸女学院講堂
  受講料: 2,000円(学生1,000円) 事前にチケットをお求めください
✿お問い合わせ・お申し込みはめぐみ会事務局まで こちら

※拡大するには画像をクリックしてください。

公開講座の中止・延期の場合について

自然災害や新型コロナウイルス感染症の影響等の理由で、やむを得ずめぐみ講演会を中止、延期することがございます。めぐみ会ホームページ、Facebookをお出かけ前にご確認ください。皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

大学・高校卒業40周年記念ご招待について

佐渡裕氏講演会の大学・高校卒業40周年記念ご招待(高等学部/大学・各99回対象)はソールチャペル及びホルブルック館301教室でのライブビューイングのみとなりますので、ご了承ください(会場の選択は出来ません)。必ず事前にお申込みください。定員125名(先着順)になり次第締め切らせていただきます。
皆さまのお申込みをお待ちしています。
尚、講堂内に入場してのご受講をご希望の場合は別途チケットをご購入ください。

めぐみ講演会案内

「神戸女学院めぐみ教育基金」招聘教員による特別講演会    2022年1月21日
は、コロナ禍のため、中止となりました。予定しておりました講演内容を、佐藤想美先生に寄稿していただきました。


 

講師 神戸女学院大学音楽学部舞踊専攻客員教授  佐藤 想美氏

クラシックバレエ特別授業参観「意識を変える」

2021年度に、めぐみ教育基金により招聘して頂きました佐藤想美と申します。
1月21日に開催を予定していました講演会が、オミクロン株の感染拡大の為、お客様の安全を第一に考え、残念ながら中止となりました。今回の講演会でお話しさせて頂く予定でした “意識を変える” というテーマについて触れさせて頂きます。
 神戸女学院大学にお招き頂き、限られた時間の中で、学生達に何を伝えたいか… と考えた時に、一番最初に頭に浮かんだのが、私が高校二年生で出場したローザンヌ国際バレエコンクールでの体験から学んだことでした。
スイスのボーリュ劇場が会場となっていて、生まれて初めてのコンクール出場、そして、この劇場は、「八百屋」と呼ばれる、舞台奥が高く、舞台手前が低くなっている傾斜のあるステージで、日本にはこのような「八百屋」の劇場はなく、これも初めての経験で、世界各国から集まった同世代の出場者達に囲まれた中で、私の緊張感はピークに達していました。
そして始まった、クラシックバレエ部門の予選で、私は『眠れる森の美女』第三幕のオーロラ姫のヴァリエーションを踊る為、舞台袖から歩いてステージ上を進み、センターで立ち、ポーズをとります。すると、ポーズをしている後ろの足が、ブルブル ブルブルと震え出しました。そこから、私の記憶は消え、気が付いたら踊り終わった最後のポーズをしていました。私は、何をやっていたんだろう?と呆然としました。
もちろん、そのような状態では予選落ちです。ですが、この経験から、高校二年生の私は、”舞台に立つ” とは? “舞台の上で踊る” とは?、どのような意味を持つのだろうと、真剣に考え始めました。そして、この時から ”舞台に立つ” 人間としての生き方、取り組み方が、はっきりと変わったのを今でも鮮明に覚えています。まさに “意識が変わった” のです。この経験がなければ…  この意識の変化がなければ…  その後の私の人生は、まったく違ったものになっていたと思います。
この目的意識を持つという事が、大学を卒業した後の学生達の人生の中で、役に立ってくれたら…  という想いで、日々彼女達と向き合っています。

最後になりましたが、講演会の場をお借りして、めぐみ会の皆様に、感謝の気持ちをお伝えしたいと想っていましたが、それが叶わなかったのでとても残念でした。
神戸女学院で今、体験させて頂いている事は、大切な宝物となって私の中に残って行くと思います。このような機会を与えて頂いたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございます。 

お問い合わせ・お申し込みはめぐみ会事務局まで
9:00~16:30 土・日・祝休み

〒662-8505 西宮市岡田山4番1号
電話(0798)51-3545
FAX(0798)51-3602

メール 
※ 件名を「めぐみ講演会の件」として、
郵便番号・住所・氏名・電話番号・講座名・人数をご記入ください